外国人観光客に
商品情報を多言語で伝える。
バーコードひとつでインバウンド対策

自社商品に元からついているバーコードを、スマートフォン・タブレットでスキャンするだけで、ユーザーの使用言語でパッケージに収まりきらない商品情報を消費者へ(訴求)発信できます。

インバウンド市場で一番クリティカルな課題
「言葉の壁」

2020年の東京オリンピックに向けて日本のインバウンド(訪日外国人)消費は年々拡大を続けています。2018年には訪日外国人数は過去最高3000万人を記録しました。こうしたインバウンド消費拡大の中で最もクリティカルな課題が『言葉の壁』です。人と人のコミュニケーションだけでなく、日本語で書かれた商品のパッケージを読むことができない訪日外国人にはこの壁に阻まれ、商品の情報価値を伝えることが困難です。

商品を多言語対応させる

日本語を読むことができない海外からの消費者が商品の「バーコード」をスマートフォン・タブレットでスキャンすれば、多言語で商品の使い方、成分、価値を伝えることができます。Payke管理画面から商品情報を日本語で登録すれば対応言語7言語へ自動で翻訳。文章や画像・動画で商品情報を訴求することができます。※また、自動翻訳だけでなく言語ごとに人力で翻訳で登録することも可能です。

店舗接客を多言語対応

店舗内にPaykeタブレットを設置することで、外国人観光客が興味を持った商品を自身でスキャンし商品情報を多言語で訴求することができます。店舗に訪れた外国人観光客の接客をバックアップし、コスト削減にもつなげることが可能です。

インバウンドデータを分析

Paykeでは、ユーザーの利用状況データを提供しております。これまで見ることができなかった訪日外国人が「いつ」「どこで」「何を」みていたのかが分かります。インバウンドの嗜好の先取りはもちろん、自社の商品の閲覧者や海外での閲覧状況の分析に活用することができます。

自社の商品・店舗に
最適なインバウンド対策をはじめませんか?

お問い合わせはこちらお気軽にご質問、ご相談ください。

Paykeの強み

  • どこにでもつかえる

    Paykeはバーコードを利用したサービスです。バーコードは世界100カ国以上で採用される国際規格です。世界中の商品に対応しています。

  • そのままつかえる

    商品パッケージに印刷されているバーコードをそのまま活用。言語に合わせたパッケージを作成する、QRコードを使用することなく多言語対応が可能です。

  • 登録は日本語でOK!!

    Paykeへの登録は日本語だけでOK。自動で他の言語へ翻訳することも、手動で翻訳を行うことも可能です。

Payke

最新のインバウンドトレンドを
無料ダウンロード

無料eBookダウンロード

お知らせ