インバウンド消費を加速させる

自社商品のバーコード(JANコード)をスキャンするだけ。ユーザーの使用言語に合わせて自社商品の情報・ストーリーを訴求することが可能です。

無駄なコストをかけず、
自社商品の魅力を世界中の人に届ける
世界初のソリューション「Payke」。

Google play get it on App store

appslidephot01
appslidephot01
appslidephot02
appslidephot03

Paykeとは

Paykeは、世界中どこにでもある商品の「バーコード」にスマホをかざすだけで、商品のあらゆる情報を、 利用者の母国語で閲覧できるアプリです。Paykeがあれば、これまで外国人に伝えることができなかった私たち、 日本の魅力を正確に届けることができるようになります。

Payke(ペイク)ひとつで、インバウンド消費の課題を全て解決

1

低コストで多言語対応

既存の商品バーコード(JAN)に、商品説明を多言語化した付加情報を与えられるようになります。そのため、現在のパッケージ(JAN)のまま対応可能です。 商品パッケージを刷新したり、多言語サイトを作ったり等の手間を一切かけず多言語対応が可能になります。

2

訴求力向上!購入率UP

商品を手に取ったタイミングで商品情報(販促PR等)を見せることが出来るようになるので、非常に高い広告効果を発揮します。 また、これまで商品の良さを伝えられず発生していた機会損失を大幅に削減します。

3

外国人観光客の動向データを可視化

商品スキャンデータ、お店の閲覧データをはじめ、口コミやイイネ!数、国や性別、年代といったマーケティングに活かせる様々なデータを取得できるようになります。 これまで動向が掴みづらかった外国人観光客のデータを可視化します。もちろん、データは管理画面からリアルタイムでチェックできます。

4

インバウンド課題を解決して、商品PRが可能に!

商品パッケージの中の限られたスペースでは対応しきれない、アレルギーやハラルの様なより詳細な情報や、商品に込められたストーリー、 PR文章などを効率的に提示できるようになります。

5

簡単に管理&情報編集

バーコードに追加したい商品情報の編集も、専用の管理画面から簡単に行えます!また文章は自動翻訳、もしくはネイティブによる翻訳が行われるため、 自分で翻訳するという手間は一切かかりません。

NEWS

PAGE TOP