訪日外国人がどこで、
何に興味を持っているか
リアルタイムで分析

「人」「場所」「商品」軸で
最もリアルな(消費者に近い)
興味データを分析する

国や地域〜店舗まで
どこで興味を持っているか

Paykeはユーザーのスキャンデータを計測しています。世界のどこで自社の商品が興味を持たれているか、店舗内でどの商品に興味をもたれているかまでを分析。海外展開の参考から店舗の改善までPaykeのデータを活用できます。

どのような人が
興味を持っているか?

Paykeアプリユーザーは国籍や性別、年齢といった世界380万人以上の属性を登録しています。彼らのスキャンデータから商品がどのような人に興味をもたれているのか把握しています。

商品ごとに比較分析

登録した商品ごとにスキャンデータを比較。どの商品がどの国籍の、どのような年齢、性別の人に興味を持たれているかPaykeでは分析することができます。

訪日外国人の“興味データ”を分析する

お問い合わせはこちらお気軽にご質問、ご相談ください。

消費者のリアルな興味を可視化

  • ユーザーが
    商品のバーコードをスキャン

  • ユーザー情報/位置情報/
    商品情報を取得

  • だれが、どこで、何を
    スキャンしたか?がわかる

  • ユーザーの
    興味がわかる

バーコードをスキャンする行為=確実に商品を手にとっているタイミングを把握できるので、消費者のリアルな興味を把握することができます。

FAQ

Q. 位置データはどのプランでも見ることはできますか?

位置データはビジネスプラン以上のプランで閲覧することができます。

受付時間:平日10:00〜17:00 
※土日、祝日、盆、年末年始の当社休業日を除きます。