ラグビーW杯 総括!インバウンドへ与えた大きな影響は!?

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

11月2日、横浜でのイングランド対南アフリカ戦で南アフリカが勝利し、9月20日から1か月半にわたり開催された ラグビーW杯 日本大会は幕を閉じました。
日本代表の快進撃も影響して、開幕前に想像していたよりも遥かに盛り上がったと感じている方が多いのではないでしょうか。
今回は、 ラグビーW杯 がインバウンドに与えた影響について考察します。

 

ラグビーW杯日本大会の盛り上がり

ラグビーW杯日本大会は全国12都市で開催され、台風で中止の3試合を除く45試合が実施されました。計170万4,443人の観客が訪れたと発表されています。

ラグビーW杯日本大会の概要と前回大会からの事前予測は「あなどれないラグビーW杯のインバウンド効果」をご覧ください。

チケットは販売可能な座席の99・3%にあたる約184万枚が販売されました。
大型ビジョンでの試合観戦が楽しめる全国12都市16カ所のファンゾーンには、約113万7,000人が訪れたといわれています。前回大会のファンゾーン入場者数の100万人余りを上回り、歴代最多を記録しました。
大会はオンライン上でも盛り上がり、ソーシャルメディアの閲覧数は前回のイングランド大会の4倍以上となる17億回に上りました。
こうした反響の大きさもあり経済効果は4,370億円と試算されています。

 

ラグビーW杯日本大会のインバウンド効果

ラグビーW杯日本大会の出場国からの訪日外客数

 

2018年9月と2019年9月のラグビーW杯の出場国からの訪日外国人数を比較してみると、全体で36%もの増加を記録しています。

準々決勝を含め5試合が行われた大分県の9月時点の調査では、14日間に少なくとも15万人が宿泊し、このうち外国人は5万3千人余りだとしています。
その中でも、欧米豪からは約1万3千人と2018年同月の4倍以上に達しました。
日韓関係悪化による訪日韓国人の減少が九州各県に影響を与えている中で、訪日欧米豪人が多く訪れたというのは嬉しいニュースでした。

ラグビーファンが多い欧米圏からの訪日外国人は滞在期間も長く、消費金額も大きいことが特徴です。
こうした要因が、4,370億円にまで及ぶラグビーW杯の経済効果に繋がっているようです。

 

ラグビーW杯でビール需要増加!

ラグビーファンはビールの消費量が大きいと言われています。実際のところ、今回のラグビーW杯でのビール消費はどれほどだったのか見ていきたいと思います。

2017年1人当たりの年間ビール消費量 ※キリンホールディングス(株)調べ

 

ラグビーW杯2019ワールドワイドスポンサーであるプレミアビール「ハイネケン」を取り扱う飲食店は今年1~9月に4,000店舗増加しました。

英国風パブを展開するHUBは、9月の既存店客数が2018年同月比16.8%増・全店売上高が26.6%増で、10月の全店売上高が25.6%増と2か月連続で大幅な増加を記録したことを発表しました。(HUB株式会社IR情報10月度g悦治速報
HUBではハイネケンを販売していることに加え、ほぼ全店でラグビーキャンペーンを実施したり、訪日外国人向けに英語のメニューを配置するなどしてラグビーファンの集客に成功しました。
新横浜店では、試合開催日のビールの売り上げが通常の10倍にもなったそうです。
試合前後に外国人客が多く集まっており、他店舗でもパブリックビューイング代わりに多くの客が訪れました。

 

また、コンビニ等の小売店での販売数量も前年同時期比で7割増加したといいます。
その結果、ハイネケンの9月の販売数量は前年同月の3.4倍を記録しました。9~11月の大会期間全体でも、日本国内でハイネケンを販売するキリンはハイネケンの販売数量が前年同期比2.2倍になると見込んでいるようです。

今大会ではビールの売り子を1,600人確保し、各試合50~400人派遣しました。
収容人数5万人の静岡・エコパスタジアムで行われた試合では、1試合当たり7万2,000本のハイネケンの販売を見込んで準備していたようです。

 

今回は、ラグビーW杯期間中のインバウンドやビール消費に注目して考察してみました。
世界的なスポーツイベントとして東京オリンピックでもビールを始めとしたアルコール、そして食品の需要は増加すると予想されます。
ぜひ、今から需要を逃さないプロモーションを実施いただければと思います。

 

 

2019年7-9月期のインバウンド状況についてはこちらの記事をご覧ください。
ラグビーW杯と日韓関係悪化による影響について考察しています。

【日韓関係悪化・ラグビーW杯の影響は!?】2019年7-9月期のインバウンド

 

Paykeではインバウンドの最新情報やインバウンド対策事例など情報発信を行っております。
ぜひ、そのほかの情報もご一読いただければ幸いです。

Blogページへ

受付時間:平日10:00〜17:00 
※土日、祝日、盆、年末年始の当社休業日を除きます。