株式会社Paykeと株式会社NTTデータ、訪日外国人等の「購買行動把握データ」を提供開始

株式会社Payke(以下:Payke)と株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、Paykeの「インバウンド購買興味データ」とNTTデータの「Twitter全量データ」を融合した「購買行動把握データ」を5月15日より提供開始します。

「購買行動把握データ」では、2社のデータの強みを生かし、消費者が商品に対して注意を向けた段階から、 店頭での興味、購入後の情報共有まで、これまで、それぞれのデータだけでは把握が難しかった消費者購買行動をより全体的に把握できるようになります。これにより、商品メーカーや小売事業者等は、このデータを市場全体での商品の需要・需給予測の基礎データとして利用可能となります。

今後、PaykeおよびNTTデータは、本取り組みを通じてスキャンデータおよびソーシャルデータを活用する市場のさらなる拡大を促進することで、小売事業者やメーカー企業等のお客さまの企業活動に寄与するソリューションを提供していきます。

「購買行動把握データ」は「インバウンド購買興味データ」と「Twitter全量データ」で得られるデータを融合したものです。

「インバウンド購買興味データ」は実際の行動の把握に優れ、「Twitter全量データ」は購入前の注意・関心、購入後の情報共有を把握することを得意としています。これらの長所を生かし、消費者が商品に対して注意を向けた段階から、店頭での興味、購入後の情報共有まで、消費者購買行動をより正確に把握できるようになります。このデータは、要望に応じ、データのみの提供や分析、集計した情報での提供が可能です。

これにより、商品メーカーや小売事業者は、より全体的な消費者購買行動が把握できるようになるため、市場全体での商品の需要・需給予測や、商品の仕入れ量や棚割りなどの店舗運営を行うための基礎データとして利用可能となります。

各社の役割
■Payke
商品情報の蓄積、スマホアプリ「Payke」によるデータの収集および、NTTデータへの「インバウンド購買興味データ」 の提供

■NTTデータ
「Twitter全量データ」を利用した言語解析・統計解析の実施、「インバウンド購買興味データ」の集計、2つのデータを基にした「購買行動把握データ」の作成および販売

今後について
今後、PaykeとNTTデータでは、本取り組みを通じてソーシャルデータおよびスキャンデータを活用する市場のさらなる 拡大を促進することで、お客さまの企業活動に貢献できるシステムやソリューションの開発を推進していきます。

Paykeについて
Paykehttp://payke.co.jp/)は、世界中どこにでもある商品の「バーコード」にスマホをかざすだけで、商品のあらゆる情報を、 利用者の母国語で閲覧できるアプリです。Paykeがあれば、これまで外国人に伝えることができなかった私たち、 日本の魅力を正確に届けることができるようになります。
詳細は(http://payke.co.jp/)をご覧ください。

————
本件に関するお問い合わせ先
担当者:山田、見ノ木(東京オフィス)