【新サービス】国内外の小売店に設置している「Paykeタブレット」に、広告配信ができるサービスを追加

株式会社Payke(ペイク)(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:古田奎輔、以下Payke)は、小売店様向けに設置しているタブレット端末「Paykeタブレット」に、広告配信ができるサービスを2018年1月25日に追加しました。

■Paykeタブレット広告配信サービスとは
Paykeタブレット広告配信機能は、小売店様に設置しているタブレット端末「Paykeタブレット」に、メーカー様などが自社広告を配信できるサービスです。
2018年1月25日現在、Paykeタブレットは国内外の小売店様に数百台設置しております。

■Paykeタブレット広告配信サービスの特徴
メーカー様は下記の条件を指定して広告配信する事が可能です。
①広告配信するタブレットの指定
(例:A県の××ドラッグストアの●●店に設置している化粧品コーナーに設置しているタブレット)
②どのカテゴリの商品がスキャンされた際に、自社の広告を関連商品として表示するか
③広告を表示する回数と予算
④広告を表示させる設定言語
(例:英語表記で商品スキャンをした訪日外国人にのみ、広告を表示など)

本サービスにより、メーカー様の自社商品がスキャンされた際に、関連商品として購入される機会増加や、
新しく発売された商品の認知向上を促す事も可能となります。

Paykeでは引き続き、増加する訪日外国人の方々にとって便利でわかりやすくご利用いただけるサービスや、海外で販売されている日本商品の購入促進に繋がるサービスを積極的に追加していく予定です。

—–

本件に関するお問い合わせ先
担当者:山田、見ノ木(東京オフィス)
https://payke.co.jp/contact