【お知らせ】Payke本社に内閣官房副長官の西村康稔氏が視察に訪れました

株式会社Payke(ペイク)(本社:沖縄県那覇市、代表取締役CEO:古田奎輔、以下Payke)の本社に、内閣官房副長官の西村康稔(にしむら やすとし)氏が視察に訪れ、事業内容を紹介しました。

視察当日は、代表取締役CEOの古田をはじめ、取締役CFOの比嘉、取締役CTOの花城、取締役COOの山田でPaykeの事業内容や、今までの取り組みや実績、今後の展開などを紹介致しました。

Paykeが独自に収集・分析しているビックデータや、Paykeを活用することによって日本国内のメーカー様や小売店様、そして日本に訪れる訪日外国人(インバウンド客)が得られるメリットなど、興味深く聞いていただけました。

■Paykeとは
Paykeは商品のバーコード(JAN)をスマートフォンやタブレット端末でスキャンするだけで、商品のPRを利用者の母国語で表示できるサービスです。 パッケージには収まらない訴求情報やコンテンツを、多言語でアピールすることができるサービスです。
これにより、商品の魅力が「伝わらない」「分からない」をなくします。

————
本件に関するお問い合わせ先
担当者:山田、見ノ木(東京オフィス)