総額約2億円の資金調達を実施しました

株式会社Payke(ペイク)(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:古田奎輔、以下Payke)は約2億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。

Paykeは、商品バーコードをスマートフォンでスキャンするだけで、商品情報を多言語(英語、中国語(繁体字、・簡体字)、韓国語、日本語)で表示するインバウンド(訪日外国人)向けアプリ「Paykeアプリ」を2015年11月より展開し、小売店向けサービス「Paykeタブレット」や消費者の動向データが分かるデータレポートサービスも展開しています。

現在では全国600社以上のメーカーからPaykeのサービスに商品情報が提供されており、薬や化粧品、食品などを中心とした約10万点の商品情報を多言語で閲覧することが可能になっています。
利用者数も着々と推移し、台湾、香港、マカオの海外AppStoreでDLランキング1位を記録しました。
2017年3月8日に開催された「起業家万博」(総務省、国立研究開発法人情報通信研究機構主催)では、最優秀賞の「総務大臣賞」を、2017年4月4日に開催された「富士通アクセラレータプログラム」(富士通主催)においても最優秀賞を受賞するなど、商品に必ず付けられているバーコードに着眼したインバウンド対応の新たなソリューションとして先駆的な事業モデルにも注目が高まっています。

今回の調達を受けて、Paykeは事業拡大に伴う組織体制の強化や、新規サービスの開発、ユーザーのさらなる獲得に向けたプロモーションを行っていく予定です。

Paykeはバーコードを活用し、情報流通に革命を起こしていきます。