【プレスリリース】中国向けにショッピングサポートアプリ「配刻(中国版Payke)」を提供開始

訪日外国人向けのショッピングサポートアプリ「Payke(ペイク)」を展開する株式会社Payke(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:古田 奎輔、以下 Payke)は、中国向けにサービス名称を「配刻(中国語読み:ペイク)」に変更し、中国国内の大手アプリストアに提供開始いたしました。

「Payke」は、商品についている「バーコード」をスマートフォンにダウンロードしてスキャンすると、商品パッケージに記載されていない様々な情報が、利用ユーザーの母国語に合わせて表示されるショッピングをサポートするアプリです。観光庁が発表した日本を訪れる外国人観光客を対象にした調査結果によると、旅行中に困ったこと※1の上位に「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」26.1%、「多言語表示の少なさ・わかりにくさ(観光案内板・地図等)」21.8%がランクインしました。「Payke」を使っていただくと、店頭で販売されている商品の概要を多言語で表示できるので、商品を購入したい訪日外国人と店舗や観光施設のスタッフとの言語の違いによるコミュニケーションのストレスや、多言語表示の少なさによる不便さを軽減することが可能です。

「Payke」は2015年11月よりAppStore、GooglePlayを通じて海外で展開しており、商品概要やセールスポイント、開発秘話、成分、使い方といった商品の詳細説明を7ヵ国語で表示し、現在、142ヵ国、約360万※2ユーザーにご利用いただいております。(2018年12月末現在)
特に台湾・香港・ASEAN圏では多くのユーザーに支持をいただき、2017年1月には台湾・香港・マカオのアプリストア無料部門でランキング1位を獲得しております。

近年、海外から日本を訪れる観光客が年々増加傾向にある中、訪日中国人は2017年に730万人※3を超え、訪日外国人の中で中国人が占める割合は全体の4分の1を占めています。日本国内の企業がインバウンド需要を取り込むには中国人向けの対応が課題となっており、「Payke」のプラットフォームを利用中の企業様からも中国向け対応のリクエストを多くいただいておりました。

そして、2018年12月末より、中国国内向けに中国名「配刻」として提供開始する運びとなりました。AppStoreと百度手机助手の他、中国ユーザーの利便性向上のため、2019年度内にAndroid版アプリの配信先ストアの追加や、微信などのSNSへのシェア機能の追加、微信ミニプログラムの配信を予定しております。

また、UI/UX、商品情報コンテンツ、翻訳レベルの向上も随時対応するほか、中国向けのアプリ提供開始に伴い、オンライン・オフラインのプロモーションも強化してまいります。

今後もPaykeは、インバウンド需要におけるリーディングカンパニーとして、外国人観光客の皆様に安心して日本国内を旅行していただけるよう、様々な機能や情報を提供してまいります。

※1 2018年3月20日観光庁発表「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」結果
※2 API接続による弊社サービス機能実装のアプリ利用者数を含む
※3 出典:平成30年3月20日発表 観光庁「訪日外国人消費動向調査」より抜粋

■ 株式会社Payke について  https://payke.co.jp/
訪日外国人向けショッピングサポートアプリ「Payke」は、商品パッケージにある「バーコード」をスマホでスキャンするだけで、商品のあらゆる情報を7ヵ国語で表示することができるアプリです。
メーカーが「Payke」のプラットフォームに商品情報を登録すれば、これまで訪日外国人に伝えることができなかった自社商品の魅力を店舗で正確かつダイレクトに届けることができます。また、小売店向けに「Payke」アプリをインストールした専用端末「Paykeタブレット」を展開しています。タブレットでも7ヵ国語で商品の魅力を伝えることができるので、訪日外国人がセルフサーチでどんな商品かを解決でき、スタッフの工数削減に繋がります。

* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

【本件に関する報道機関からのお問い合わせ先】
株式会社Payke 広報担当 吉田 TEL:03‐6441‐2339  E-mail: press@payke.co.jp